本当に英語が

話せるようになる

子供対象英語教室

兵庫県西宮市の子供専用英会話教室・Js English Club・ジェイズイングリッシュクラブの公式ページ

気象警報等による休講のお知らせは

こちらに表示されます。

天災等の影響による授業状況のお知らせです。

   2019年

  /  現在

本日の授業は通常通り行われます。

台風等天災による授業の振り替えは、原則行いませんのでご了承ください。

英語が本当にしゃべれるようになる子供対象の英会話スクール

ここをクリックするとジェイズイングリッシュクラブにメールができます。 しんちゃんの園長先生のブログを開く。 焼野教室新入生募集テク説ページへ

 私たちは、本当に英語が話せるようになる子供英語教室(英会話スクール)です。子供たちは英語が本当に話せるようになるため、中学以降の学校での英語授業でも困りません。事実として、子供たちは、公立私立を問わず、学校では上位の成績を修めています。私たちにとって学校での成績はおまけのようなものですが、子供たちにとっては実力の証明の一つでしょう。

 週に一度の授業でも、英語は話せるようになります。そのために、徹底的に無駄は排除します。例えば「いとこ」は英語で「cousin」です。さっさと日本語で意味を教えてあげる方が早いとはお分かりいただけるでしょう。私たちは時間の無駄が多い、そのようないわゆるオールイングリッシュ授業は行いません。あるいは、幼児期のお子様にとっては、英語の歌は楽しみの一つです。しかし、これはあくまでもお楽しみの一つです。外国人は、決して歌いながら話しかけてくれません。小学生以降の子供たちに歌を授業に取り入れる必要はありません。とにかく、合理的にかつ論理的にカリキュラムは組まれております。

Curriculum

カリキュラム

幼児期

小学1年生

小学4年生

中学1年生

日常会話レベル

なぜ英語が話せるようになるのか・カリキュラムの流れ。

表示の学年は目安です。スタートの時期により前後します。

TPR

Total Physical Response

 英語を英語のままで理解していただくための手法です。今から100年ほど前、英語圏の国の英語学校で、英語圏以外の国からやってきた子供たちに英語を教えるために考案されました。具体的には、先生が子供たちに英語のみで「~しなさい」と指示します。それに対し子供たちは、身体を動かしたり言葉を発したりしながら、先生の指示に応えます。

 日本人は英語を話すことが苦手です。その最大の原因は、語順の違いです。特に動詞の位置の問題です。日本語では動詞、つまり述語は文の一番最後に置きます。しかし、世界の人々の90%以上が話す言語では、動詞は文頭付近に置かれます。つまり彼らはその順序で物事を考えます。

 日本人が英語を流暢に話そうとすれば、文の語順を変えて物事を考えなければなりません。これが大変です。そしてこの問題を解決するための教授法がTPRです。

 素直に英語を受け取る幼児期から小学校低学年の子供たちにはTPRは効果的です。TPRにより子供たちの頭の中に、日本語とは別に英語専用の思考回路を造ります。

 ジェイズでは、課内でも課外でも、TPRを中心に授業を進めていきます。

TPR (Total Physical Response)身体を動かしながら英語の語順を身に付ける。

Q&A

Questions and Answers

 英語による応答練習です。「調子はどうですか?」「元気です。」などの類型的な英文を使います。一見、会話訓練のようにも思えます。しかし、スーパースピーキング(文法)クラス以前では、丸暗記に近い状態で訓練するため、正確には会話訓練とは呼べません。口慣れ練習も兼ねていますが、むしろ口頭で行うTPRと理解してください。つまり英語の語順を身に付けていただくための訓練の一つです。

 応用力を含めた会話力を身につけるには、文法授業を待たねばなりません。したがって、例えば半年前に習得したはずの文を忘れていても何も問題はありません。

Q&A(英語での受け答え)英語の語順を口で練習して覚える。

Words

語彙

 フラッシュカードを使用しながら、What's this? - It's a cat.あるいはWhat are these? - They are cats.とQ&A方式で学んでいただきます。この方法は、幼児のクラスでも小学生のクラスでも変わりません。小さな頃から、単数・複数の概念を当たり前のものとして身に付けていただきます。

Phonics

フォニックス

Words(英単語の学習)

 英単語の読み書きのルールのことです。

 最低限の日常会話力を実現するためには、1,000語以上の単語力が必要です。この数字は中学校で使用される一般的な教科書3年間分に収録される単語数に相当します。いつの間にか覚えてしまいますと言える単語数でないことは明白ですね。フォニックスをマスターしていれば、単語を覚える努力がずいぶん軽減されます。

 例えば、「al」というつづりは、「アル」と読むこともありますが、実は「オー」と読ませる単語が頻繁に出てきます。walk、all、talk などがその例です。

 英語が嫌いだという中学生の大半の理由が、単語を覚えるのが嫌だからというものであることを鑑みると、英語教育の初期段階のフォニックス教育は有益です。

Phonics(フォニックス)

Grammar

文法

 ジェイズの生徒では、グリーンコース修了者が対象です。スーパースピーキングコースのことだとご認識ください。つまり、フォニックスの学習を経た、ある程度英単語の読み書きができる子供たちが対象のコースです。

 はっきりと申し上げます。インターナショナルスクールのような環境は、明らかに日本語能力に悪影響を及ぼします。しかし、週1回程度の英語授業やそれに伴う家庭学習ではその心配はありません。それは、英語にとっては悪い意味で、中学以降の英語学習で証明されています。一般の英語学習で、英語が話せるようになる子供たちがいないことに加えて、国語がボロボロになったという事例はありません。そのことは、保護者の皆様が自らの体験でご存知のことですね。

 では、週に1回程度の授業で英語が本当に話せるようになるのか?

 そのあたりが、ジェイズ、あるいは英語ロジケーションと、学校も含めて他の英語教育機関との違いです。スーパースピーキング(文法)コース以降の授業では、はっきりと他の英語教育機関との違いをご覧いただけることでしょう。

 文法は悪ではありません。英語を話せるようになっていただくための近道です。問題は、その手法です。留学する際の第一歩は、留学先の国の英語教室で英語を学ぶことです。実はその英語教室で、英語で英文法を学びます。そういう現実をご存じでしょうか。

 では、なぜ学校での文法教育で英語が話せるようにならないのでしょうか?

 それは、色々な面で間違いを犯しているからです。お分かりいただきやすい例としては、「聞く・話す・読む・書く」のうち、「読む・書く」が圧倒的に学習の中心だということです。

 人は母国語を必ず、「聞く→話す→読む→書く」の順で学びます。聞いて話せるから、読めて書けるようになるのです。大阪市が最近始めた、微妙な英語教育ではこれを正確には理解していないようですが、残念なことです。

 上記の他にも、日本の英語教育には様々な誤りはあります。

 ジェイズでは、「新しい文法事項を学ぶ」→「新しい文法事項を交えて徹底的に会話訓練を行う」という順序で学んでいただきます。

 以下、このページに記載している手法だけでなく、合理的で論理的な手法により、子供たちに英語を学んでいただいております。

Grammar(英文法)

Q&A

Questions and Answers

 スーパースピーキングコース以降では、本来の意味のQ&Aということになります。新規に学んだ文法事項を中心に使い、子供たちに英語で質問をどんどん投げかけます。子供たちは、お仕着せの答えではなく、自分なりの答えを返します。この際に大切なことは速度です。のんびりやり取りしていたのでは意味がありません。

Substitution Practice

言い換え練習

 スーパースピーキングコース以降では、本来の意味のQ&Aということになります。新規に学んだ文法事項を中心に使い、子供たちに英語で質問をどんどん投げかけます。子供たちは、お仕着せの答えではなく、自分なりの答えを返します。この際に大切なことは速度です。のんびりやり取りしていたのでは意味がありません。

年齢に応じた英語教育(まとめ)

0~3歳の適正な英語教育

英語教育なんて一切必要なし。たとえ音声教育も含め英語教育を施したところで、それに関しての追跡調査も存在しない現状、ただの無駄でしかない。それより、親御さんの日本語をガンガン聞かせてあげてください。

3~5歳の適正な英語教育

幼稚園に在学したりする頃です。音声に関する感受性が極めて高い時期。また英語に対する抵抗の少ない時期。TPRやQ&Aで豊富に英語を聞かせ、身体で英語の語順や英語独特の音声を覚えてもらう。単語や文を丸暗記してもらっても、すぐに蒸発してしまうことを覚悟するべき。

小1~3の適正な英語教育

フォニックスを導入し、英単語の読み書きの基本を完全に身に付けていただく。確かに知識の定着はまだ難しい時期ですが、同じころ学校では平仮名だけでなく片仮名や漢字まで学習する時期です。繰り返し勉強していただくことで、漢字より遥かに簡単であるフォニックスをきっちり身に付けていただきます。そうすることで、以降登場する大量の英単語を楽に習得できるようになります。

 

この時期もTPRやQ&Aで、継続して英語の語順を体で覚えていただきます。

小4以上の適正な英語教育

いよいよ収穫の時期です。これまで1万人以上の子供たちを見て実感してることですが、3歳児から小3までの下準備と言える期間は長ければ長いほどより高い結果につながっています。中には結果を急いで求める保護者もいらっしゃいます。しかし先にも述べていますが、コストや適性年齢を無視した教育はとんでもない犠牲を強いることになります。急がずに一歩ずついきましょう。

 

ここまでは年間カリキュラムという形態をとります。つまり年度の変わり目には、落第でもしない限り次のカリキュラム進んでいただきます。しかし、これ以降はそうではなくなります。文法を学びながら徹底したスピーキング練習で学んだことを完全に身に付けていただくようにします。早い子も遅い子もいます。その差は、90%以上ご本人の努力の量に起因します。うちの授業で落ちこぼれは出せません。学校の英語についていけなければ、学習塾で補習してくれますが、ジェイズの授業についていけなくても補習してくれる教育機関は存在しません。なので、原則各クラスの進度に合わせて授業を進めてまいります。そうするとクラスによりカリキュラムをこなせるスピードが異なります。1年で一つずつ進級するという態勢は取れないのです。ジェイズに入会していただいた以上、責任をもって本当に英語が話せるようになっていただきます。

 

順調にいけば、1年半ほどで品詞を理解し、三単現のsを完全に身に付け、be動詞と一般動詞も使い分けるようになります。この時点での語彙はまだまだ少ないですが、現在形の範囲内なら会話をこなせます。さらにそこから1年半、小学校を卒業するころには、過去・未来も使いこなせるようになります。もちろん「聞く・話す・読む・書く」の4技能においてです。出来事が中心の子供たちの会話では、そこが日常会話レベルです。

 

今頃になって文部省が、そのため英検が、「聞く・話す・読む・書く」の4技能が重要だと声をあげていますが、私は30年前から「聞く・話す・読む・書く」の重要性を訴えてきました。というのは余談ですが。

 

ジェイズでは小学校を卒業したら授業はおしまいなのか?いえ、特にそこに切れ目は置いていません。まだまだジェイズでがんばっていただきます。会話では、時制(現在・過去・未来など)が最も大切な要素です。現在・過去・未来表現のあとは現在完了へ続きます。比較級や不定詞の詳細を後回しにします。日本人の子供に対する英語一貫教育の慣性形です。

 

このクラス(スーパースピーキング)でがんばっていただくためには、フォニックスのほぼ完全な定着が絶対的な前提になります。そうすると外部からのこのクラスへの編入が、絶望的に無理になります。外部から生徒を受け入れられなく、さらに保護者の方の転勤等で生徒数は減ることはあっても増えることはありません。しかし、子供たちの英語力に責任を持つとそういうことになります。経営効率は落ちますが、嘆くことではありません。

 

ちなみに、それだけ英語が話せるようになるということは、よほどの量の家庭学習を強要されるのではないかとご質問を受けることがあります。個人差や状況にもよりますが、週15分から、多くて1時間くらいでしょう。この勉強量を私は多いと思いませんが、いかがでしょう?

「年齢に応じた英語教育」についてもっと知りたい方

年齢に応じた英語教育1

年齢に応じた英語教育2

年齢に応じた英語教育3

Phone 06-4257-3933

ジェイズイングリッシュクラブ

英語花島商会

当サイトに係る全ての文章、画像は有限会社J's企画及び、英語花島商会、英語Logicationが有し、無断の転載、仕様を一切禁じます。